インプラント|秦野市の歯医者なら渋沢歯科医院へ

インプラント

インプラントとは

インプラントとは、歯の欠損部分にインプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上にかぶせものをかぶせて、歯を補う治療法です。

入れ歯やブリッジと違い、周りの歯に負担をかけたり、削ったりしないので、大変快適に使用できます。

症例のご紹介

治療前1
治療前
治療後1
治療後
治療前2
治療前
治療後2
治療後
治療前3
治療前
治療後3
治療後

インプラント治療の流れ

「インプラント」と「入れ歯」の違い

インプラントと入れ歯では主に3つの点で違いがあります。

違いその1:違和感がない

インプラントは入れ歯のような異物感がまったくありません。取り外す必要も一切なく自分の歯と同じように使えるので、インプラントであることを忘れてしまうほど自然です。

第2の永久歯。まるで自分の歯のよう

違いその2:よく噛める!痛くない!

入れ歯は痛みを感じやすい歯茎が直接その力を支えているため、自然の歯の20%~30%程度しか噛めません。 直接骨に固定するインプラントなら、自然の歯に匹敵する力で、しっかりと噛むことができます。

インプラントがしっかり噛める理由

違いその3:周りの歯にやさしい

部分入れ歯は、しっかりと固定するため、健康な歯にバネをかけて使用します。 そのため、健康な歯に負担がかかったり、バネにプラークがたまりやすいなどの欠点があります。

その点インプラントは、骨にしっかりと固定されるため、周りの歯にまったく影響を与えません。

部分入れ歯の2つの危険性

「インプラント」と「ブリッジ」の違い

入れ歯の治療は、使用する材料や方法により主に3つの点で違いがあります。

違いその1:健康な歯を削らない

土台の歯を削る必要のあるブリッジ
インプラントなら土台の歯が不要

違いその2:周りの歯に負担がかからない・とっても長持ち

ブリッジの危険性

骨が薄い・足りない場合のインプラント治療

リッジエキスパンド

当院でインプラント治療を希望される患者様の中には、他院様で「骨が薄いからインプラント治療は無理だと言われました」とおっしゃる方がいらっしゃいます。
インプラント治療は歯を支える骨に埋入するものですから、骨が厚く・丈夫であるに越したことはありません。しかし、日本人は西洋人と比べ総じて「骨は薄く、あまり丈夫ではない」という性質があります。

そこで当院では、薄い骨にでもインプラントを入れる「リッジエキスパンド」という手法を取り入れています。
リッジとは「狭窄」エキスパンドとは「広げる」という意味で、リッジエキスパンドは即ち「細い骨を広げてインプラントを埋入する」ということになります。ただし、この手術は非常に難しくインプラント治療を行っておる歯科医師なら誰でもできるというものではありません。高い技術力と豊富な経験が必要となる治療法です。
当院の院長は、日本口腔インプラント学会に所属し、カルシテックインプラント、AQBインプラント認定医として数多くのインプラント治療を行っておりますので、このような難易度の高い治療法でも安心してお受け頂くことが可能です。

ソケットリフト

インプラント治療を行うには、インプラントを埋め込む顎の骨にある程度の骨量があることが条件になります。しかし、日本人は一般的に、上顎の歯が抜けてしまうとその周りの骨が痩せてしまい、上顎洞までの骨が薄くなってしまいます。そのため、従来はその部位にインプラントを埋入することはできませんでした。

そこで当院では、インプラントを埋入する部位から上顎洞に向けて人工骨を入れ、上顎洞までの骨の厚さを増やす「ソケットリフト」を行うことが可能ですので、これにより他院様では「インプラント治療は難しい」と言われた患者様にも、インプラント治療を行うことが可能となっています。

歯がほとんどない、1本もない場合のインプラント

当院のインプラント治療は、1本の治療から難症例まで幅広く対応しており、歯がほとんどない、あるいは1本もない患者様、そして総入れ歯でお困りの患者様に、最小で4本のインプラント(上顎と下顎の場合で最小8本)を植立するだけで済む治療方法も行っております。

他院様で「インプラント治療は困難」と診断された方、骨移植が必要と言われた方、ご多忙で歯を治療する時間のない方など、年齢を重ねても人生を楽しみたい方に是非検討していただきたい治療方法です。

超音波による骨の切削

超音波骨メス

昨今、インプラント治療をめぐる医療過誤の問題がさまざまなメディアで取り上げられ、患者様の中には「インプラントは怖い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるようです。
しかしその一方で、インプラントを必要としている患者様が多くいることも事実で、日本におけるインプラントの埋入本数は、着実に右肩上がりで増加しています。

そこで当院では、超音波振動を利用することで、粘膜や歯肉、神経や血管などの軟組織を傷つけることなく硬組織だけを選んで切削することができる、超音波骨メスを導入しております。
最小限の骨だけを切削できるため手術の安全性が高まるだけではなく、時間的にもこれまでの15分~30分に対し約5分と短縮され、患者様への負担を大幅に軽減できるようになっています。

患者様の声

当院にてインプラント治療を受けられた患者様の声をご紹介致します。

S様(60代 女性)

いつも先生始め、皆様にはひとかたならぬお世話にあずかり、感謝の気持ちで一杯でございます。
思えば幼い頃より歯には大変悩まされてきましたが、先生にお逢い出来、インプラントを勧めていただいたおかげで今では4,50代の頃より美味しく食事が出来る事、ほんとうに嬉しく幸を日々感じております。

F様(70代 女性)

今回、大変美しくきちんとした歯になった事、ほんとうに感謝しています。いくつものむし歯があって苦労をおかけしましたが、ていねいに、いたみもなく、何回も声をかけていただきながらのちりょう、ほんとうにありがとうございました。
とても満足しております。

A様(70代 女性)

今までなん年も通っていた所と違い、こんなに早くすべての歯の様子を見ていただきとても良かったと思い、もっと早くこちらの病院へ来ていればよかったとつくづく思いました。
これからも宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

T様(50代 男性)

他の歯科医院(県外に住んでいた頃)に通っていたが、今回ここへ来て、衛生的で、先生、そしてスタッフの女性が親切であり、良い歯を作って頂き、本当に感謝しています。
一家でお世話になっております。周りの歯の悪い方に宣伝したい。

Y様(60代 男性)

インプラント処置により、食事もおいしくいただける様になり非常に助かりました。
途中経過で一時期ハレも見られましたが、その後の処置および指導により安定した状態になり安心しています。院長さんはじめスタッフの皆様の今後ますますの御活躍を期待します。