審美歯科|秦野市の歯医者なら渋沢歯科医院へ

審美歯科

審美歯科とは

審美歯科と言うと固く聞こえてしまうかもしれませんが、審美歯科とは、一言で言えば口元を美しくすることです。
せっかく治療するなら、より美しく治したい。
お口のコンプレックスを解消して、生き生きとした毎日を過ごしたい。
美しく健康な歯に対するニーズから生まれたのが、審美歯科です。

セラミックによる治療について

セラミックの歯を被せて治す最も一般的な治療法で、ハイブリッドセラミック・オールセラミック・ジルコニアクラウン・メタルボンドクラウンがあります。
セラミックは透明感があり、見た目が非常にキレイです。

ハイブリッドセラミック

セラミックと樹脂(プラスチック)を混ぜたもので、硬すぎないので周囲の歯は噛み合う歯を痛めることがありません。

オールセラミック

オールセラミック
金属を全く使用していないため透明感があり、見た目が非常に美しく、汚れ(プラーク)が付きにくく、天然歯に限りなく近い色調が得られ変色がありません。

ジルコニア

オールセラミック
ジルコニアは白く透過性があるため、見た日がとても美しく、且つ、自然な感じの歯の色調を再現できます。
丈夫で軽く、しかも人工関節にも使われるほど高い生体親和性を持つことが特徴です。

メタルボンド

オールセラミック
見た目が美しく天然歯に近い。
中身のフレームが金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できます。

ラミネートベニアについて

オールセラミック

歯の色が変色した方に、歯をあまり削ることなく、セラミックのつけ爪のような物を貼り付けて、きれいにする治療法です。
歯の見える面だけを一層(0.5~0.8mm)削ります。削った部分に貼り付けるためのシェルをセラミックで作り、接着剤で歯に貼り付けるだけで治療が完了します。変色歯の治療に効果を発揮します。